auひかりのキャッシュバックは2回目も受け取れる?

auひかりに新規加入するとキャッシュバックを受けることが出来るキャンペーンがあるというのは知っている人も多いかもしれません。しかし、かつてauひかりを使用していて再びauひかりに再加入した場合には、キャッシュバックを受けることが出来るのか気になるという人もいるでしょう。

そこで、ここではauひかりのキャッシュバックについてどのようなキャンペーンなのかという基本の部分から解説していきます。

『auひかりのキャッシュバックキャンペーン』

auひかりとは

auひかりとは、KDDIが提供している光ファイバー回線サービスのことです。元々はひかりoneというサービス名でしたが、2010年に今のauひかりにサービス名称を変更しています。サービスプランは多数あり、戸建住宅向けの「auひかり ホーム」では1ギガ・5ギガ・10ギガと3つの速度帯があり、集合住宅向けの「auひかり マンション」ではマンションの規模などによりミニ・タイプV・タイプE・タイプF・都市機構タイプがあります。

プロバイダーは現状7つから選ぶことが可能です。auひかりはインターネットサービスだけではなく、電話サービスやauひかりTVといったオプションサービスもあり、エンターテイメントも楽しむことが出来るサービスです。

auひかりのキャッシュバックキャンペーン

auひかりに新規加入するとキャッシュバックを受けることが出来るキャンペーンがあります。このキャッシュバックの金額が場合によってはかなり高額になるので、かなりお得に光回線に加入できるということで人気が高いのです。

キャッシュバックの内容に関しては、申し込みをする方法や時期などによっても異なりますし、申し込みの内容によっても変わってくるのでauひかりに加入する際には、どのような内容で申し込みをするのかなどよく確認し比較することが大切です。

具体的には、代理店を通すのかどうかということです。代理店によっては代理店独自のキャッシュバックキャンペーンを行っていたりしますし、プロバイダーによってキャッシュバックの金額に差が出てくるなどになります。

また、インターネット回線だけの申込みと電話サービスとのセットの申し込みによってもキャッシュバックの金額が異なることもあります。他にも、キャッシュバックの時期や方法なども変わってくるので、事前によく確認しておかないとせっかく加入したのにキャッシュバックを受けることが出来ないなどといったことにもなりかねません。

申し込み方法

auひかりの申し込み方法ですが、5つの申し込み方法があります。1つ目はau(KDDI)に直接申し込みをするという方法です。電話での申込みになりますので、何か不安な点や疑問に思っている点などがある場合にはそれを聞くことも出来るでしょう。

ただし、この申し込み方法の場合、キャッシュバックの対象にはならないケースが多いです。基本的には問い合わせだけまでにしておいて、実際の申し込みはキャッシュバックのある方法で行うようにしましょう。2つ目の方法はauのサイトから申し込むというものです。

auのサイトにはauひかりに関しての情報が掲載されていますし、問い合わせをしたい場合にもサイト上から問い合わせることが出来るので便利です。解約金や違約金を実質肩代わりしてくれるキャッシュバックキャンペーンなど実施していることが多いので、よく確認してみましょう。

3つ目はauショップでの申し込みです。キャッシュバックキャンペーンを行っていることもありますが、キャンペーンとしては弱いものが多いのでこれも問い合わせだけにしておいた方が無難です。スマホをauで利用しているという場合にはauスマートバリューについて聞いてみると良いでしょう。

4つ目の方法は家電量販店での申し込みです。家電量販店の携帯電話のコーナーやパソコンのコーナーなどにauひかりの窓口があることが多いです。家電量販店の場合、キャッシュバックは少なくても家電が貰えたりするケースがあります。

ただし、キャッシュバックが現金ではなく家電量販店のポイント付与というケースもありますので、注意したほうが良いです。最後の5つ目が代理店からの申し込みです。インターネット上のauのオフィシャルサイト以外は基本的に代理店と考えて構いません。

キャンペーンの種類が豊富で、自分に合ったものを選びやすいですし高額キャッシュバックを得られるのはほぼ代理店での申し込みによるものです。

キャッシュバックの対象者

auひかりに加入した際にキャッシュバックを受けるためには条件を満たしていないといけません。キャッシュバックの条件は申し込み内容によっても変わりますが、基本的には新規加入者に限定されています。したがって、過去にauひかりに加入経験があり他の回線業者に変更してから再度auひかりに加入するという人はキャッシュバックキャンペーンの恩恵を受けることが出来ません。

これはある意味当然のことで、新規加入者だけではなく再加入者にも対象を広げてしまうとauひかりの負担がかなり大きくなってしまいキャンペーンの継続が難しくなってしまいます。

再加入でも新規加入扱いにする方法

再加入の場合、基本的にはキャッシュバックキャンペーンの恩恵を受けることが出来ませんが、場合によっては新規加入扱いになりキャッシュバックを受けることが出来る可能性もあります。その方法は、登録の名義を配偶者など別の名義にしたり、かつて加入していた時と違う住所で申し込みをするという方法です。

ただし、支払い方法が同じだったり、この様な方法をとっても新規加入扱いにならない可能性もあるので絶対ではないということは理解しておく必要があるでしょう。

お得に利用する方法はある

auひかりに再加入した場合、基本的にキャッシュバックを受けることが出来ませんが、お得に利用する方法はあるので再加入を検討する価値はあります。具体的には、auスマートバリューの利用です。auスマートバリューは、auのスマートフォンや携帯電話とauひかりをセットで利用することによってauの携帯電話料金が割引されるサービスです。

月額500円or1,000円の割引を永年受けることが出来るので、通信料金を抑えることが出来ます。

基本的には再加入者は対象外

auひかりは新規加入者に対しての高額なキャッシュバックキャンペーンが魅力となっていますが、対象は新規加入者であって再加入者は新規加入扱いにはならず基本的にはキャッシュバックを受けることは出来ません。名義人を変えるなどでキャッシュバックを受けることが出来る可能性はありますが、基本的には受けられないと思って検討しましょう。